something

ドラマ『大恋愛ー僕を忘れる君と』最終回、泣けました。

投稿日:2018年12月15日

ついに終わってしまった、、、

最後の最後、
正直うすうすわかっていたはずの
結末だったのに

どうにもならない気持ちが
胸の奥を占拠してしまい
止めどなく涙が溢れてきて
ひとりで大号泣。

『脳みそとアップルパイ』
『もう一度、第一章から』
『黒酢はちみつドリンク』
『煙突』
『小説家 間宮真司』
『若年性アルツハイマー病』
『間宮 尚』

この物語に詰め込まれた10年間は
ドラマの中でずっしりと
そして最後までみっちりと
描かれていたように思いました。

私の祖母が実際に
『アルツハイマー病』で
少しずつ症状が進行していて
物忘れ、気分の浮き沈みの落差や
祖母自身が感じているであろう不安など
『尚』さんと重なる部分があって
そして『真司』さんの気持ちは
私の母と重なる部分があるなと
思いながら見ていました。

孫の私も、
電話するたびに
いつまで祖母の記憶の中に居られるのか
そう思うと少し寂しい気持ちに
なってしまいます。

できる限り、大切な人の記憶の中に居たい
そう思ってしまうのは
人間のサガなのでしょうね。

それでも
こうした病気で
その人の記憶に留まれないとき
このドラマの『間宮真司』さんのように
その人が生きた証や意味を
残すことができたら
少しは救われるのかもしれません。

-something

関連記事

視覚と嗅覚

腰を痛めてから数日が経ち、 未だ横になっていなければならない 時間が多いため、 少しの息抜きにと 久しぶりに映画を観ました。 2008年に公開された「しあわせのかおり」です。 https://www. …

作品2点目、お嫁入り先決まりました!

この作品について https://www.ichida-minami.com/20181203/ 『音の森ー安らぎの音』2018の お嫁入り先が決まりました! ありがとうございます。 実際に作品を観に …

平成が終わりますね。

寒い日が続きますね。 鹿児島なので雪は降ってないですけど 底冷えがすごいです。 腰にホッカイロつけて 足にもこもこ靴下履いて 過ごしてます 笑 金沢に住んでいた時は こんな寒さではなく 雪と雨の毎日で …

てとてと

父と母の「手」 人生が刻み込まれた 「手」 深く味わい深い「手」だ 「手」 人の生き様そのものなんだ 両親の手を見ていて いつの間にか 歳を取ってしまったのだと 気づきました。 そして、私よりも 30 …

あたたかな一礼

信号のない横断歩道 わたろうとする女の子 それに気づいて止まる車 わたる前に深くお辞儀する子 わたりきって 振り返ってまた礼をする 止まってくれた車がすべて通り過ぎるまで 深く深くお辞儀する 心が満ち …