いちだみなみ作品集

「音の森ーBlue02」2019

投稿日:2019年1月18日

「音の森ーBlue02」2019
作家蔵 150×150mm 画用紙、クレヨン、色鉛筆

BlueシリーズNo.02

空の中へ
高く高く昇っていくように
しずかにずっと瞑想している感覚の音を
表現しようとした作品です。
空の抜けるような蒼が
私の心の奥底の潜在意識と
かぶるような気がしています。

煌めく銀色の粒は少し重たく沈んだ心の音で

青いろの意志はそれを煌めかせながら
ぽこぽこと生まれては青色に溶けていきます。

-いちだみなみ作品集

関連記事

「音の森ー安らぎの音」2018

「音の森ー安らぎの音」2018個人蔵 150×150mm 画用紙、色鉛筆 フレーム:木製 乳白色 額縁15角シリーズNo.03です。 安らぎは、同じような形の粒の塊が淡々と同じペースで広がっていく音の …

宇宙を愛した或る少年の旅立ち2014

「宇宙を愛した或る青年の旅立ち」2014作家蔵 F20(606×727mm )画用紙、アクリル絵具、色鉛筆 この作品は私の大事な姉弟のように思っていた人が亡くなった時に言葉にならない悲しみと向き合うた …

「音の森ー心地よい音」2018

「音の森ー心地よい音」2018個人蔵 150×150mm 画用紙、色鉛筆 この作品は、ある方へ贈るために描きました。お会いしたのはたったの1度ですが話す雰囲気や振る舞いが本当に優しくて可愛らしくて気取 …

「音の森ー音の橤 (ハナ)」2018

「音の森ー橤 (ハナ)」2018作家蔵 300×300mm 画用紙、色鉛筆 フレーム:木製角 乳白 この作品のタイトルの「橤」(ハナ)は上部に3つの「心」下部には「木」漢字としては「(雄・雌)しべ」と …

空山2013

「空山」2013作家蔵 390×542mm 画用紙、パステル ある朝、外に出るとまだ外は白んでいて目線の向こうには雲をまとった山が見えていました。 それを見てすぐさま描いたのがこの作品です。