いちだみなみ作品集

「音の森ー鼓動」2016

投稿日:2018年8月30日

「音の森ー鼓動」2016
作家蔵 F10(530×455mm) クラフト紙、アクリル絵具

フレーム:ウッディブラックアクリル

この作品を描く前、
心臓の音がずっと鳴り響いていました。
それは緊張感ではなく、
興奮でもなく、
穏やかに一定の速度で。

どこまでも深く
全身に巡るほどの勢いでもなく
じわじわと温かく
あなたは生きているのよ
とそっと教えてくれるような
感じでした。

その心音を聴きながら
その音を描いてみようとしたのが
この作品でした。

-いちだみなみ作品集

関連記事

音の森ーchemical reaction2015

▲「音の森ーchemical reaction」2015作家蔵 150×180mm アクリル絵具 この絵では、化学変化する樹を描いています。この時は何だか色んなことが上手くいかなくて悩んでいました。 …

「音の森ー心に滲む音」2018

「音の森ー心に滲む音」2018作家蔵 200×200mm 画用紙、水彩、色鉛筆フレーム:木製角 乳白色 今までの表現から学び、新たな表現を模索した作品になります。色鉛筆だけでなく水彩も採用し、背景色の …

「音の森ー未知の音」2019

「「音の森ー未知の音」」2019個人蔵 150×150mm 画用紙、色鉛筆 15角シリーズNo.12です。 未知の音はSFドラマの『スタートレック』を観た時に構想した作品です。 宇宙で繰り広げられる色 …

「音の森ー愛の音」2018

「音の森ー愛の音」2018個人蔵 150×150mm 画用紙、色鉛筆フレーム:木製 乳白色15角シリーズNo.01です。愛が溢れて心の中でどんどん増殖し変化しながら流れていく時の音を描きました。愛には …

「音の森ーミクロコスモス」2018

▲「音の森ーミクロコスモス」2018作家蔵 310×320mm 画用紙、色鉛筆 宇宙が拡張していくように細胞分裂していくように終わりなく広がる音。 2018年やっと形になった2作目です。迷いながら、辿 …