something

美しき祈り

投稿日:2018年10月29日

祈り

”祈り”というのは 
なんとも神秘的だ 

手を合わせ 瞳を閉じて
 心の奥底にある想いを
ゆっくり ゆっくり  

頭のてっぺんから
空に向かって
放出していく感じ 

穏やかさの中に
大きく脈打つ心臓があって  
知らない内に
頬を想いがつたっていく 

だいぶ前だけれど
ある番組の中で
タイのある村の
伝統である燈籠を
村の人々の全面協力で 

燈籠5000個を
一斉に飛ばして
空に願いを託していた 

形は違えど ”祈り”に同じ 

手製の和紙を羽にして
蜂の巣からつくられた蝋に
光を灯して
あたたかな光を放ちながら  

様々な祈りがこめられた燈籠は
まるで空を翔る天の川のように
夜空に上っていく  

”祈り”  
これほど美しいものがあるなんて 

この人間世界で
生きていること
わたしはよかったと思えた

-something

関連記事

いちだみなみと剣道

私は、中学生の頃に 横浜から鹿児島へ越してきました。 そこで初めて剣道に出会います。 中学時代だけは、剣道部に所属していました。 もちろん剣道は初めてで 何も知らずに 気軽な気持ちで入りました。 すぐ …

あたたかな一礼

信号のない横断歩道 わたろうとする女の子 それに気づいて止まる車 わたる前に深くお辞儀する子 わたりきって 振り返ってまた礼をする 止まってくれた車がすべて通り過ぎるまで 深く深くお辞儀する 心が満ち …

知らない色と形

知らない色と形 もし 生まれたときから 眼が見えなかったなら… この世界を私は どう見たのだろう? 色を知らない 木の葉たちの翡翠も 海の深い碧も 空の澄んだ蒼も 私が愛す色という全て 知らなかった形 …

平成が終わりますね。

寒い日が続きますね。 鹿児島なので雪は降ってないですけど 底冷えがすごいです。 腰にホッカイロつけて 足にもこもこ靴下履いて 過ごしてます 笑 金沢に住んでいた時は こんな寒さではなく 雪と雨の毎日で …

空のアオ

海に映る空や雲が好き この日は珍しく 内海が凪ていて 綺麗に映り込んでいました。 どうしてこんなにも 心を動かしてくるのでしょうか。 モノクロにすると またその瞬間の感覚が ブワッと広がる気がします。 …