いちだみなみ作品集

「音の森ー心地よい音」2018

投稿日:2018年12月22日

「音の森ー心地よい音」2018
個人蔵 150×150mm 画用紙、色鉛筆

この作品は、
ある方へ贈るために描きました。
お会いしたのはたったの1度ですが
話す雰囲気や振る舞いが
本当に優しくて可愛らしくて
気取らなず、真心に溢れていて
一緒に居てとても心地よかったでした。
それを音にしたら
それを絵にしたら
どんなだろう?
そう考えながら
描いていきました。
背景の色が
この方のイメージカラーで
白や蒼の音を
纏っている、そんなイメージで
見ていただけたら幸いです。

-いちだみなみ作品集

関連記事

2018新作です。音の森000と名付けました。

「音の森000」2018

「音の森000」2018作家蔵 F50 1168×910mm 画用紙、パステル 久しぶりのF50サイズです。ここからこのシリーズを「音の森00シリーズ」としました。 海と空と砂浜を見たときに感じた私の …

音の森ー泳ぐ人2015

▲「音の森ー泳ぐ人」2015作家蔵 180×250mm 素材 音の海で泳ぎたい!そんな気持ちから描き始めた作品です。 音楽を聴いているとその音や曲が持つエネルギーの海に漂っているような感覚になります。 …

「ウマレユクモノ」2012

「ウマレユクモノ」2012個人蔵 693×893mm 画用紙、オイルパステル、パステル「第17回三菱商事・アートゲート・プログラム アート・オークション」入選・出品チャリティーアートオークションに出品 …

音の森春の足音2016

音の森ー春の足音2016

「音の森ー春の足音」2016個人蔵 455×380mm 紙、アクリル絵具、クレヨン、色鉛筆 春の優しい風の音 太陽の柔らかな光 生命の力強い息吹 どこからか響く 春の足音 リージョンという冊子に掲載し …

空山2013

「空山」2013作家蔵 390×542mm 画用紙、パステル ある朝、外に出るとまだ外は白んでいて目線の向こうには雲をまとった山が見えていました。 それを見てすぐさま描いたのがこの作品です。