いちだみなみ作品集

「音の森ー小宇宙」2019

投稿日:2019年2月2日

「音の森ー小宇宙」2019
作家蔵 F20(727×606mm) 画用紙、色鉛筆、クレヨン

小宇宙シリーズ第3弾です。

私は幼い頃に横浜で育ちました。
その頃に、夏休みによく
南の島に連れて行ってもらったのです。

その頃に見た星空が私の青の原点です。

当時の島は夜になると真っ暗で
怖いと感じるほどでした。
宇宙の中の1つなんだ
そう感じたのを覚えています。

この絵は
その時の私の心の音は
こんな感じだったと思います。

これは私の中の忘れられない
ずっと心の奥深くにある心象風景とも言えます。

深く深く
果てしなく広がっていく宇宙の音。

今でも
当時の記憶を思い出すと
鳴り響く音です。

-いちだみなみ作品集

関連記事

【アート制作過程】2019年最新作・音の森003/The forest of sound 003/色鉛筆・アクリル絵具・クレヨン/美術家いちだみなみ

【音の森003/The forest of sound 003】2019 画用紙にアクリル絵の具、色鉛筆、オイルパステル 自身の作品の中でも最新作になります。 青いろがずっと自分の原点の色としてあり基 …

「音の森ー凛とした音」2019

「音の森ー凛とした音」2019作家蔵 150×150mm 画用紙、色鉛筆 15角シリーズNo.13です。 凛という音が青いろの粒の輪が紫いろの空間にポコっと生まれるイメージで しんしんと降り注ぐ白い粒 …

音の森春の足音2016

音の森ー春の足音2016

「音の森ー春の足音」2016個人蔵 455×380mm 紙、アクリル絵具、クレヨン、色鉛筆 春の優しい風の音 太陽の柔らかな光 生命の力強い息吹 どこからか響く 春の足音 リージョンという冊子に掲載し …

空山2013

「空山」2013作家蔵 390×542mm 画用紙、パステル ある朝、外に出るとまだ外は白んでいて目線の向こうには雲をまとった山が見えていました。 それを見てすぐさま描いたのがこの作品です。

「カワリユク」2013

「カワリユクⅠ」2013作家蔵 645×500mm  画用紙、切絵 この作品は正直一番気に入っています。 この作品は生で見て欲しい作品のTOP3に入ります。 木製パネルの地を生かしてその経年変化(色調 …