作品制作過程 制作日記

【アート制作日記】インスタレーション作品の変遷:PPバンドの球体が生まれた話前編/美術家いちだみなみのArtDiary20190404

投稿日:2019年4月5日

2019年6月29日に霧島アートの森で
PPバンドを使った作品のワークショップを
開催することが決まったこともあり
インスタレーション作品についても
どんな過程を経て来たのか
振り返って行きたいと思います。

今回は、まず、自身のインスタレーション作品を
2012年に遡って
ざっくりみていきたいと思います。

2012年に初めてこのPPバンドの作品を
制作し始めました。
始めの頃は青白を基調にして制作。
近年2、3年は
様々な色を入れ込んで
環境に合わせて形を変えてきました。

後編では、PPバンドの球体がどのようにして
生まれたのかの話をしたいと思います。

-作品制作過程, 制作日記

関連記事

音の森000 Art installation movie

最近のコンセプトは 音の森をもっと具体的に 具現化することでした。 その第一弾がこちらの動画でした。 撮影日はあいにくの雨模様で 撮影は困難かと思われましたが 奇跡的に10分ほど 雨が止んでくれたので …

【アート制作日記】『ゴッホ最期の手紙』を再視聴する/美術家いちだみなみのArtDiary20190417

今日は2017年公開の『ゴッホ 最期の手紙』という映画を 再視聴して改めて感じたことを動画日記に記録したくて 撮りました。 油絵でないと生まれない世界観がここにはあり そしてそれもゴッホの技法と同じだ …

球体収納ボックス

野外インスタレーション作品に用いる球体は 普段、こんな風に収納しています。 一箱36個収納可能で 現在14箱あります。   この箱を制作する前は 一つの形を維持して 保管できる状況ではなかっ …

Art Diary

私が表現したい音の森が どうやって生まれていくのか 自分でも客観的に知りたいなと 思ったこともあり 制作日記を動画にして 残していくことにしました。 朗読と制作した音 や絵、 詩的なことなど 気ままに …

ただそこに在る

「ただそこに在る」 それだけの作品、 そういうものを作りたいのです。 そこに存在していると 気づかせる程度の存在感を放ちながら ただ、そこに在る作品とは 一体どういうものなのでしょうか。 模索の日々で …