作品制作過程

球体収納ボックス

投稿日:2018年10月19日

野外インスタレーション作品に用いる球体は
普段、こんな風に収納しています。
一箱36個収納可能で
現在14箱あります。

 

この箱を制作する前は
一つの形を維持して
保管できる状況ではなかったため
展示前にほとんどの球体の修正が
余儀無くされていました。
持ち運びの時は、
ビニールなどに入れていたため、
搬入時にも壊れてしまうものも
少なくありませんでした。
それをほとんど解消できるようになりました。
しかし、これもまだまだ完全ではありません。

この球体を使った作品を始めて
5年弱になりましたが
作品はもちろんですが
それに付随するものも
深化させて行くことの
面白さと難しさを実感します。

無かったルールを作り、洗練し、
深化させ、作品の幅を、可能性を
少しずつでも広げていきたいです。

-作品制作過程

関連記事

左手で絵を描こうと思う

小説風に描きたくなって 描いてみました。 「左手で絵を描こう」と思う。 はじめて左手で絵を描いたのは、 高校二年生の時。 体育の授業で張り切り過ぎて 右手を骨折。 一番初めに思ったのは、 この手でどう …

Drawing Crane in Izumi How to draw【出水市の鶴描いてみた】日本一のツルの渡来地 色鉛筆

こんにちは いちだみなみです。 今回は11月半ばになってきたということで 世界有数の渡来地である特別天然記念物に指定されている 出水の鶴を見に 鹿児島県出水市へ行ってきました。 そこでは毎年越冬のため …

ただそこに在る

「ただそこに在る」 それだけの作品、 そういうものを作りたいのです。 そこに存在していると 気づかせる程度の存在感を放ちながら ただ、そこに在る作品とは 一体どういうものなのでしょうか。 模索の日々で …

美しさを知るために。

自然物は 美しいですよね。 この岩から放たれる膨大なエネルギーは どのように育まれてきたのか。 神秘ですね。 この岩からは 硬さのあるものなのに 柔らかさを感じますし、 何かを大切に守っているような …

新たなアート表現の模索

自分の中にある 感覚的で幾らか曖昧なものを 描き起こしていきます。 実際に形になってくると 新たな存在として 勝手に 自立します。 そうしたそれだけが放つ存在感を持ってこそ やっと新しい表現として 成 …