something

小山宙哉「宇宙兄弟」。最新刊やっと読めました。

投稿日:2018年11月8日

「宇宙兄弟」
とにかく好きで好きで仕方ない作品です。
唯一全巻集めてる漫画で
大学生の頃に本当に辛い出来事があったときに
背中をそっと支えてくれたのが
この漫画でした。

きっかけは、
身近にいた宇宙について
深く愛し関わっていた人が亡くなってしまい
その人が携わろうとしていた宇宙について
知りたくなったということにありました。

少しでもその人の気持ちに
近づいて
少しでも自分の悲しみや後悔を
埋めたかったのかもしれません。

毛利衛さんが書かれた
著書「宇宙から学ぶ」を読んだり
幼い頃に行った
種子島宇宙センターでのことを
思い返したり
それでは、結局
ずっと先に遠のくばかりでした。

ぽっかり空いたその穴を埋めてくれたのが
「宇宙兄弟」でしたね。

いろんな登場人物が発する
言葉が
行動が
重たくて、深くて、
1巻読むごとに
泣けました。
心に染み渡って行ったんです。
宇宙を目指す人たちの姿を見ながら
私は、きっとあの人の背中を
見れたんだと思いました。

そしたら、心の悲しみが
すっと引いて
とんっと
前に一歩進めた気がしました。
それからというもの
私の人生のバイブル的な存在に。

この作品が見せてくれる宇宙のように
私も私の作品の宇宙を
そこに置いていきたいなと
今では思っています。

-something

関連記事

私とリハビリ

これはリハビリ中に 理学療法士の方に アドバイスいただいた トレーニングの一部です。 痛みがだいぶ和らいできたので 痛みが少ない日は 痛みの要因になっている所の 筋肉をほぐしたり 鍛えたりしています。 …

ライブドローイング予告動画

HOTEL&RESIDENCE南洲館さんで  「いちだみなみ個展 音の森ーアートで奏でる音」開催中です! 2月9日10:00~12:00の間に ライブドローイングイベント を開催しま …

てとてと

父と母の「手」 人生が刻み込まれた 「手」 深く味わい深い「手」だ 「手」 人の生き様そのものなんだ 両親の手を見ていて いつの間にか 歳を取ってしまったのだと 気づきました。 そして、私よりも 30 …

鹿児島の「もみじ山美術館」

もみじ山美術館とは、、、。 気に入って買った陶器。 ・もみじ山美術館とは、、、。 ここはTOKU窯という窯元の方が ご家族3人で運営されている 個人の美術館です。 こちらのご主人が絵画をアトリエにする …

知らない色と形

知らない色と形 もし 生まれたときから 眼が見えなかったなら… この世界を私は どう見たのだろう? 色を知らない 木の葉たちの翡翠も 海の深い碧も 空の澄んだ蒼も 私が愛す色という全て 知らなかった形 …